roll up Kakejiku hanging scroll  Kyoto Handicraft Center

Is it like some ritual? rolling up a hanging scroll

In Kyoto, we enjoy the Hydrangea everyday.
This flowers show various colors by the weather of this rainy season.



Today, we will show how to roll up a hanging scroll by movie.
Please click following URL.
https://youtu.be/GtL0ER8jZIE


As we mentioned in our last article, The world of hanging scroll Ver.1, the "Kakejiku", Japanese hanging scroll has some philosophical side.
The figure of hanging scroll shows "your self" and "the environment you are in".

So, when you see the "Kakejiku" hanging scroll, you stay calm and try to face yourself.
This philosophical way is starting from the moment to hang your scroll on the wall and continuing to put your scroll back into the box.

Japanese traditional culture and crafts has the aspect of "kata" which would be translated to the technique or the designated way.
When you put out of the scroll of the wall, and roll up, it would be better to follow the "kata", because it will help you to keep your scroll beautiful with the easiest way even though it seems complicated at first.

Especially, it should be complicated to wind the "makio" string, after rolling up a scroll.
However, if you follow this way, it should be so easy to spread your scroll again and you can keep beautiful your scroll for a long time.

Once, you put a hanging scroll on the wall, please do not remain all year long.
We recommend you to put your scroll back into the box regularly, once every three month, avoiding a rainy day.

If you are interested in the collection of scroll, please visit here.
Thank you so much for reading to the end.


----------
京都では日々変わる紫陽花の表情を楽しめる季節となりました。
梅雨時の楽しみでもありますね。





さて、今回は掛軸の世界Ver.2と題しまして、掛け軸の巻き方をご紹介させていただきたいと思います。
こちらの動画をどうぞ!
https://youtu.be/GtL0ER8jZIE


前回のブログで触れさせていただきましたとおり、掛け軸には哲学的な側面があります。
掛け軸そのものの「姿」が鑑賞するご自身の姿やご自身が置かれている環境を示しているのですね!

一見、平面的に見える掛軸の世界に天と空間と地が表されているわけですから、掛け軸には本当に奥深い側面があると感銘を受けます。

というわけで、掛け軸を鑑賞される場合は、なるべくお一人の時間をおつくりになって、心静かにじっくりと想像力を膨らませていただくと、ご自身だけの美しい世界観が現れるのではないかと思います。

ただ、興味深いのはその美しい世界観は決して壁にかかった掛軸を鑑賞する時だけに広がるものではなく、掛軸を箱から出して鑑賞、元のように箱に戻す時まで続いているということです。

だからこそ、掛軸は年中出しっぱなしにしておくのではなく、時々箱にしまっておくことが大切なのです。
季節ごとに掛軸を掛け替えるという行動が、季節感のある美しい生活をもたらし、またご自身の心境にもメリハリがつくきっかけとなるのではないかと思います。

綺麗に箱に収納することで、心が整い、また新たな季節を迎えた時にすがすがしい気持ちで掛軸をめでることができますよね。

掛軸は日本文化の心の在り方を象徴しているように感じられます。



最近は、海外のお客様にとっても掛軸は人気の高い日本文化のアイテムになりつつあります。
巻物という面白さ、また非常に哲学的側面を持ちながらも実用性(コンパクトに保管が可能)を兼ね備えているところが魅力なのだそうです。

私たちも忙しいデジタル社会を生きていますが、だからこそ時にはゆっくりと掛軸を鑑賞しながら己と向き合う「静」のライフスタイルが必要なのかもしれませんね。

How to use