Folding screen 4panesl "Iris"

filler

Price:
Sale price¥400,000 JPY

Description

Folding screen is called Byoubu in Japanese. Its name comes from shutting wind. It was necessary furniture for life as partitioning of the space since the Nara era (710~794). Nowadays, it is developing a new folding screen for fitting modern life. "Iris" is drawn Iris on the pure silk fabric cloth. The iris blooming at the waterside is enjoyed from ancient times in Japan. The iris part used gold foils and colored silver foils. Kawamata silk colored beautiful blue expresses tastefully waterside, so it accentuates beauty of the iris. You can decorate it standing up and hanging on a wall using separately sold hanger. Please do not use following place direct rays of the sun, extreme high temperature and humidity, drying place, and getting the wind such as air conditioners directly. It causes a change of color, a skewness, a sled, slack, and the wrinkle. 奈良時代からの歴史がある屏風は、風を屏(ふさ)ぐという意味があり、当時は空間の間仕切りとして生活になくてはならない調度品でした。現在では和の空間が演出でき、現代生活に合うような新しい屏風が誕生しています。 「杜若」は、ブルーに着色した正絹生地に金彩加工でかきつばたを描いた作品です。 初夏の時期に咲く杜若は、水辺にすっと咲き並ぶ美しい姿が古来より日本人に愛でられ、杜若を題材とした和歌や絵画など様々な作品があります。 美しいブルーと川俣絹によって生まれた味わい深い水面が、杜若の花をより一層美しく際立たせています。 こちらの屏風は床の間や床に置いて飾るのはもちろん、別売りの吊り金具を用いて壁に掛けるスタイルもおすすめです。 極度の高湿多湿の場所や直射日光がある場所、空調設備などの風が直接当たるような場所や乾燥する場所での使用はお控えください。変色、ゆがみ、そり、たるみ、しわなどの原因となります。

You may also like

Recently viewed