Akabeko "Medium-sized Tawarabeko" 俵べこ(中)

¥3,400 JPY
Loading reviews...

Akabeko "Medium-sized Tawarabeko" 俵べこ(中)

¥3,400 JPY
Loading reviews...
  • Description
  • Gallery

Akabeko is a traditional toy in Aizu, Fukushima.
It is made of papier-mache. ‘Aka’ means red, and ‘beko’ is a word for cow or bull in the local dialect. One of the characteristics is that it shakes its head up and down as you touch it.
There are several legends of akabeko. A legend says that when a plague epidemic occurred in Aizu in the Heian period, children who had akabeko did not get sick. Akabeko has been loved as a talisman which protects us from evil and brings good luck.
This “Tawarabeko” is holding straw rice bags (tawara) on its back which symbolize good harvests.
As it is handmade, the product may vary from the one in the picture.

【Specification】
・Material: Washi Paper
・Size: W6.0 x D15.5 x H10.5cm
・Weight: 160g
・Made in Japan

赤べこは、ゆらゆらと揺れる頭が愛らしい福島県会津地方の伝統工芸品です。
会津には赤べこにまつわる伝説がいくつもあり、その一つとして、平安時代に会津で疫病が流行ったとき、赤べこを持っていた子供は病気にならなかったと言われています。赤べこは、災難から人々を守り幸運をもたらしてくれるものとして信じられ、お守りとして愛されてきました。
こちらの「俵べこ」は、五穀豊穣と恵みの象徴である俵を背負った縁起の良いデザインです。1点1点手作業で作られているため少しずつ大きさや表情が違いますが、手作りならではの温かみが感じられます。あなたもお部屋に赤べこを飾ってみませんか。