Small helmet "Date Masamune" 新名将兜 伊達政宗

filler

Price:
Sale price¥14,000 JPY

Description

This is a serie of small helmets used motif of "Sengoku Busho" (Samurai lord of age of provincial wars, between 15th century to 17th century).
This small helmet was reproduced model of "Date Masamune".

【Who is Date Masamune?】
Date Masamune got smallpox when he was five years old and he lost sight of right eye.
He was talented to acquire martial arts and litterature rapidly.
When he was fifteen yeas, he contributed the victory for his family at his first battel in his life.
He became the head of Date family. Toyotomi Hideyoshi who was the ruler of Japan at that time felt a threat for the prominent talent of Masamune.
Hideyoshi took up a part of territories from Masamune and forced him to work for Toyotomi family.
After the death of Hideyoshi, Masamune tried to aim for the top of Japan, but Tokugawa Ieyasu (later Grand general of Edo shogunate) saw through
his intention. Masamune lost the chance to become a ruler of Japan, but he worked for his local place "Sendai" to contribute for Edo shogunate.
He developped a lot of new paddy fields proactively to increase the rice production.

By the way, Masamune was a "fashion leader" among Samurai.
In Japan, the cool and fashionable men are called as "Date-otoko", the origin of this ward is from this Date Masamune.
Masamune sticked the fashion even at the battlefield.
He always wore cool black armor and helmet with vivid accent color like red, and he wore kimono of modern pattern even under armor too.
Furthermore, his soldiers and horses also wore cool designed black armor.

【About this product】
The crescent shaped front decoration is so impressive.
The sign of military flag of Date family was gold circle on the dark blue cloth, which means the sun.
So, his crescent shaped decoration on the helmet means moon.
Masamune must have received the sunlight from Date family and that sparkled him at the battlefield.

You can enjoy this helmet itself for decoration, but you will have another choice to join up with "Armor only body for the Small helmet" sold separately , too.
It's good to use at home but it also makes a great gift.

【Specification】
Material:Zinc alloy die casting
Size: W7.2cm×L8.5cm×H7.7cm
Weight: 300g

Origin of country: Japan

こちらは手軽に楽しめるミニ兜で、戦国時代の武将をモチーフにしたものです。
このミニ兜は伊達政宗が愛用した兜を再現したものです。

【伊達政宗とは?】
伊達政宗は5歳の頃、天然痘を患い、右目を失明してしまいます。しかし、それにもめげずに武芸や学業に励みました。
15歳の初陣でも伊達家の勝利に大きく貢献しました。18歳で伊達家の当主となりましたが、この有能な若者の前に
立ちはだかったのが、天下人であった豊臣秀吉。秀吉は政宗の存在を脅威に感じ、小田原攻めで豊臣方に積極的な加勢を
しなかったことを責め、政宗から領地の一部を取り上げ、家臣になるよう強要。秀吉が死去すると空いた天下の座をめぐって
争いが勃発。政宗ももれなく天下の座を狙っていましたが、そのことを徳川家康に見破られていました。
政宗は武術にも文化にも長けていたため、世のトップの座を狙える器であったもののチャンスを失ってしまったのです。
その後は徳川家の家臣として、徳川家に忠誠を誓い、地元の仙台藩主として新田開発を積極的に進め、江戸幕府の財政の
多くを支えるべく貢献しました。

さて、伊達政宗といえば戦国一のファッションリーダーとしても有名です。
粋な装いの男性のことを"伊達男"と呼びますが、その言葉はこの伊達政宗に由来しています。

政宗の甲冑、兜は黒を基調としており、差し色に赤などを上手に使い、着物も大胆な幾何学模様をあしらったものを着用するなど
最先端の戦国ファッションを楽しんでいたようです。また、自身のみならず、足軽兵たちにも立派で見栄えのよい黒の甲冑を着用、
馬に着せる馬鎧も大変クールでセンスがよいものを拵えていたようです。

【商品の特徴】
伊達政宗の兜は三日月形の立物が使われているのが印象的です。伊達家の旗印は紺地に金の丸の旗印(今の日章旗のデザインに似ている)
でしたが、それは太陽を意味していました。その太陽に対して月をイメージしたものが兜にあしらった三日月形の立物だったのです。
自ら輝く伊達家の"太陽"を受けて自らは"月"として輝くことを意味していたのかもしれません。

こちらの兜は兜のみでもお愉しみいただけますが、別売りの"新名将兜用鎧セット 胴体のみ"とセットで組み合わせてご購入いただくことも可能です。
また、戦国武将、侍にご興味のある海外のお客様へのプレゼントにも最適です。

【仕様】
素材:亜鉛合金ダイキャスト製
サイズ:奥行7.2cm×横8.5cm×高さ7.7cm
重量:350g

原産国:日本

You may also like

Recently viewed