Small helmet "Sanada Yukimura" 新名将兜 真田幸村

¥7,500 JPY
Loading reviews...

Small helmet "Sanada Yukimura" 新名将兜 真田幸村

¥7,500 JPY
Loading reviews...
  • Description
  • Gallery

This is a serie of small helmets used motif of "Sengoku Busho" (Samurai lord of age of proal wars, between 15th century to 17th century).
This small helmet was reproduced model of "Sanada Yukimura".

【Who is Sanada Yukimura?】
If we look back on the life of Sanada Yukimura, his personality was so discreet in his 20s and he was under house arrest in his 30s.
When he beccame 40years old , he began to take a chance. As he was so tactical warrior, he was estimated well by the family of Toyotomi Hideyoshi.
The most famous battles are "Winter battle in Osaka" and "Summer battle in Osaka", both battles are the conflicts between Tokugawa family (the shogunate) and
Toyotomi family (after the death of Toyotomi Hideyoshi).
At that time the Tototomi family became so weaken but Sanada Yukimura battled to save the Toyotomi family.
His well known tactics during Winter battle in Osaka, was "Sanada maru", which is buliding the branch castle with soil and made several guard fence to protect
the Osaka main castle from enemies. This technique was remarkable and the name of Yukimura becomes so popular as a specialist of battle.
However, Yukimura lost at Summer battle in Osaka because of the weakbess of Toyotomi family.
Even though he lose his battle, a lot of japanese poeple love him.Why?
Because we can find the philosophy of Samurai in his life and Japanese people feel it's beutiful.

【About this product】
You will find the unique family crest on this small helmet, "Six coins".
Six coins mean the world of after death; "hell" "brat" "dumb animal" "carnage" "human""heaven".
In Japan, when we lay dead person in a coffin, we put this 6coins as a bribe for Emma Daiou (Judge of the afterlife).

This crest of 6coins inidicate that Sanada family was always prepared for death and this is the one of the virtue of Samurai in Japan.

You can enjoy this helmet itself for decoration, but you will have another choice to join up with "Armor only body for the Small helmet" sold separately , too.
It's good to use at home but it also makes a great gift.

【Specification】
Material:Zinc alloy die casting
Size: W7.2cm×L8.5cm×H7.7cm
Weight: 300g

Origin of country: Japan

こちらは手軽に楽しめるミニ兜で、戦国時代の武将をモチーフにしたものです。
このミニ兜は真田幸村が愛用した兜を再現したものです。

【真田幸村とは?】
真田幸村の生涯を振り返ると20代のころは大して目立つこともなく、30代は軟禁生活を余儀なくされ、生活の苦労が絶えず、
40歳になってからようやく、活躍の場が出てきました。彼の際立った活躍は実は大坂冬の陣と大阪夏の陣のみです。
徳川幕府開府後、徳川家と豊臣家の関係は悪化。豊臣家に仕えていた真田幸村は豊臣側につき、大阪冬の陣では大阪城の南側に
土の出城を作り(真田丸と呼ばれた)、その出城の周囲に三重の柵を設け、さらに空堀、水堀といくつもの防御もって敵からの攻撃を防ぎました。
真田丸の真田幸村軍の働きは素晴らしく、敵の徳川からも高く評価されました。
大阪夏の陣では、残念ながら敗北してしまいますが、真田幸村率いる兵士たちは大変士気が高く、また戦術に優れていたため、
敵の徳川家康も2度ほど死を覚悟したといわれています。

真田幸村は大きな権力を保持していたわけではありません。しかしながら多くの日本人が真田幸村を愛しています。
それは彼の生きざまが日本人の琴線に触れるからなのです。大阪冬の陣、大阪夏の陣では、有利な徳川につくこともできたはずです。
しかし、あくまで義を貫き、戦い続けるその姿勢に武士としての魂を感じるからではないでしょうか。

【商品の特徴】
こちらの兜をよく見ると、かの有名な六文銭の家紋が見られます。
六文銭の「六」は、死後の世界を意味しています。それは地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上。

またこの6つの銭は、人が亡くなった際、閻魔大王へのわいろとして棺の中に入れられる銭であり、
魂が三途の川を渡るときに必要だとされているのです。

この六文銭の家紋は、真田家の者は常に武士として死を覚悟して生きるべしということを意味していたのかもしれません。

こちらの兜は兜のみでもお愉しみいただけますが、別売りの"新名将兜用鎧セット 胴体のみ"とセットで組み合わせてご購入いただくことも可能です。
また、戦国武将、侍にご興味のある海外のお客様へのプレゼントにも最適です。

【仕様】
素材:亜鉛合金ダイキャスト製
サイズ:奥行7.2cm×横8.5cm×高さ7.7cm
重量:350g

原産国:日本