Small helmet "Tokugawa Ieyasu" 新名将兜 徳川家康

¥7,000 JPY
Loading reviews...

Small helmet "Tokugawa Ieyasu" 新名将兜 徳川家康

¥7,000 JPY
Loading reviews...
  • Description
  • Gallery

Tokugawa Ieyasu is very famous Samurai who established Edo shogunate, then became Great Shogun (Top of Samurai) in 1603.
He was born in Mikawa(Aichi prefecture), but his childhood was not happy. He got caught up in a war, he was taken as a hostage for long time.
This is why, he became so prudent and patient. When he became adult and the family ""Imagawa"" who took Ieyasu as a hostage lost the war between
Oda family, Ieyasu was released and formed alliance with Oda. However, he has to be still patient because of the confusion after war.
He started to take power in the Kanto region (around Tokyo area), finally, he won the ""Battle of Sekigahara"", then he open the Edo shogunate and because
the real leader of all Japan.

His spirit to WAIT WITH PATIENCE even under the confusion must have influenced a lot to Japanese people later.

"The life is like a road to go with heavy luggage. Don't go too fast."
This is a word of Tokugawa Ieyasu.

When we carry a heavy luggage, if we go fast, we slip and fall down, furthermore, we will get tired.
So, we have to carry our heavy luggage steadily without rushing. It should be fast finally.

The word of Ieyasu shows us the importance of life, because we have a tendency to rush in busy and stressful world.

You can enjoy itself for decoration, but you will have another choice to join up with ""Armor only body for the Small helmet"" sold separately , too.

It's good to use at home but it also makes a great gift.

【About this product】
The front decoration of this helmet shows ferns which are the plants used for Shinto ritual.
Tokugawa Ieyasu thought that the battel was secred thing.

【Specification】
Material:Zinc alloy die casting
Size: W7.2cm×L8.5cm×H8.3cm
Weight: 300g

Origin of country: Japan

こちらは手軽に楽しめるミニ兜で、戦国時代の武将をモチーフにしたものです。
このミニ兜は徳川家康が愛用した兜を再現したものです。

【徳川家康とは?】
徳川家康は江戸幕府の初代征夷大将軍として大変有名です。
1542年に三河国(現愛知県東部)で生まれた家康は、幼いころから戦乱の世の混乱に巻き込まれ、人質としての生活を転々としました。
そのため、大変我慢強く、用心深い性格になったといわれております。成人し、桶狭間の戦いで人質先であった今川が織田に敗れたため、
家康は今川から独立し、織田と手を結びます。とはいえ、まだまだ混乱の世。家康はこつこつと関東地方で力をつけ、水面下で天下統一を狙います。
そして、天下分け目の大戦である関ヶ原の戦いで勝利をおさめ、1603年に征夷大将軍となり江戸幕府を開府、天下統一を果たしました。
戦乱の世をやみくもに動くことなく、先を見据えてじっと我慢強く「待つ」という精神は多くの日本人の辛抱強さに起因するものと思われます。

「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し 急ぐべからず」

これは家康が残した名言として知られています。
人生は重たい荷物を背負って急ぐと、転んでしまい、他の人より疲れてしまいます。
重たい荷物は着実にしっかりと運ぶほうが早道になるということを意味しています。

家康の名言は忙しい時代に生きる私たちにこそ必要なものかもしれません。

こちらの兜は兜のみでお愉しみいただけますが、別売りの""新名将兜用鎧セット 胴体のみ""とセットで組み合わせてご購入いただくことも可能です。
また、戦国武将、侍にご興味のある海外のお客様へのプレゼントにも最適です。

【商品の特徴】
この兜の立物にはシダの葉のモチーフを使用しております。シダは神事に使われる神聖な植物ですが、
家康にとって戦は神事と同様に神聖なものであったのでしょう。

【仕様】
素材:亜鉛合金ダイキャスト製
サイズ:奥行7.2cm×横8.5cm×高さ8.3cm
重量:300g

原産国:日本