Edo glass Tumbler “Taisho Roman” Checkered 江戸硝子タンブラー 大正浪漫 市松

¥3,500 JPY
Loading reviews...

Edo glass Tumbler “Taisho Roman” Checkered 江戸硝子タンブラー 大正浪漫 市松

¥3,500 JPY
Loading reviews...
  • Description
  • Gallery

This product is a glass tumbler made by Hirota glass.
Hirota glass, established in 1899, is one of the oldest glassmakers in Tokyo.
Edo glassware is produced in Tokyo and some areas of Chiba Prefecture, and was designated as Traditional Crafts of Japan in 2014. The manufacturing methods, materials, and traditional techniques of this craftwork are passed down from the Edo period.
The feature of this “Taisho Roman” series is the opalescent-colored designs. They are popular during the Taisho Period and are made with the technique which Hirota Glass resurrected.
It matches aromatic drinks as the narrow brim prevents the aroma from escaping.
Please note that there may be slight differences as each product is handmade.
【Specification】
・Material/ Glass

・Size/ 8.2×8×8.2cm
・Diameter / φ8.2cm
・Capacity/ 230ml
・Weight/ 260 g
・Made in Japan

こちらの商品は、廣田硝子株式会社によって製造されたグラスです。
廣田硝子は明治32年創業の、東京で最も歴史のある硝子メーカーの一つです。
国の伝統工芸品にも指定されている江戸硝子、江戸切子を手掛けており、伝統を守りながら現代の生活に合った魅力ある製品を作り続けています。
こちらの「大正浪漫シリーズ」は美しい乳白色の模様が特徴です。骨灰という特殊な原料の入った硝子を使い、急激な温度変化を与えることで生み出されます。この技法は「あぶり出し技法」と呼ばれ、明治から大正にかけて盛んに行われていたものを廣田硝子が復刻させました。
中に入れたものの色が映えるので、緑茶など色のある飲み物との相性がとても良いです。
なお、1点ずつ手作りのため、個体差がある場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。