Calligraphy board "Kissako" 書色紙 喫茶去

¥7,000 JPY
Loading reviews...

Calligraphy board "Kissako" 書色紙 喫茶去

¥7,000 JPY
Loading reviews...
  • Description
  • Gallery

"Kissako" is the phrase came from Zen. It means "Have a cup of tea" which is the strong word of scolding.
It has a deep meaning.
A long time ago, in China, there was a high priet of Zen "Esshu Zenshi". One day, he asked two young monk "Have you ever come here?".
One monk replied "Yes", but another monk replied "No". Esshu Zenshi sait to them "Have a cup of tea".
Then, a temple manager came to him and asked "Why did you say to have a cup of tea?".
Esshuy Zenshi said same thing to this manager "Have a cup of tea".

This high priest treat these three different persons, young monks and manager in the same way.

We often change our attitude by the status of persons, but Esshu's attitude means how it is imporant to treat any persons in te same way.
This is also one of the important things to stay Zen".

【About the serie of Calligraphy board】
All of the serie of Calligraphy board are hand writing by Kofude Ougai, a Calligrapher from Kyoto.
The images on this website are some examples of her works.
All Calligraphy boards are directly handwriting by Kofude Ougai, each work has each feature.
Please note that the Calligraphy you ordered should be slightly different from the images on the website.
If you would like to confirm the exact images, could you please contact us by email at khc-ec_customer@amitacorp.co.jp

【PROFILE of Kofude Ougai】

Born and raised in Kyoto
At the age five study under Calligrapher
At the age Seven study under Modern Artist Shingai Tanaka

President of Calligraphy Calsses "BOKUSHINN SHOGEI"
Kurama, Nishigamo, Jyodoji of Kyoto, Japan

Classes in Overseas;
Lyon, Bourg-Argental in France, Helsinki in Finland

Overseas;
1995 Exhibit at“Kyoto no Sho”in FRANCE (LYON)
1996 Exhibit at“Japanese Art Exhibition”in FRANCE (LYON)
2002 Exhibit at “Calligraphy Selection Exhibition”in CZECH (PRAGUE)
2006 Exhibit at “Chinese Japanese Exchange Exhibition”in China
2011 Exhibit at “calligraphe de Kyoto”in FRANCE (LYON)
2012 Private Exhibition “conscience” in FRANCE (LOIRE)
2013 Exhibit at “50th Anniversary of Partner City between
Cologne and Kyoto”in Germany

Japan;
2010 Exhibit at “Parent & Child Exhibition” in Kyoto
2014 Private Exhibition at “Ommage” in Kyoto, Hounen-temple
2014 Part-time Lecturer at Management Department of Momoyama Gakuin University
2015- Designer for the poster of Kyoto Pink Ribbon

Annual Event: “Commemoration of the Buddha's Birthday and the Virtues of Budda”
By BOKUSHIN Calligraphy

Other: Exhibitor, Presenter, Performer, Logo Designer

【Specification】
・Material/ Paper
・材質/ 紙
・Size/ 24×27×0.1cm , Outer box:××cm

・Weight/ 80 g
・Made in Japan

喫茶去とは禅宗の言葉で直訳では"お茶でも飲みに行け"と叱咤することを意味します。
しかし、これはには深い意味があります。
中国は唐の時代の越州禅師の話です。越州禅師は修行に来た二人の僧に"あなたはここに来たことがありますか?"と
尋ねましたが、うち一人の僧は"あります"と答え、もう一人の僧は"ありません"と答えました。
越州禅師は二人の僧それぞれに"喫茶去"と言いました。

そこへ寺の管理職がやってきて越州禅師に"なぜ喫茶去"と言ったのか?と尋ねたところ、越州禅師はその管理職にも"喫茶去"と言いました。

越州禅師はどんな人にも分け隔てなく"お茶を飲みなはれ"と言い放ったわけです。

私たちはついつい利害や損得、相手の地位などで対応を変えてしまいがちですが、喫茶去という言葉にはそのようなことに戸惑うことなく
どのような人にも同じように接することが大切であるということを意味しています。

【書色紙シリーズについて】
こちらの書色紙シリーズはすべて書家、小筆凰外の手による作品です。
こちらに掲載しております作品の画像は作品の一例です。
すべて小筆?外直筆の作品のため、それぞれの作品にそれぞれの風合いがございます。
ご注文いただいた作品は掲載写真と微妙に文字の雰囲気が異なります。
ご了承くださいませ。
ご注文の作品そのもののイメージをご確認されたい場合は、メールにてお問合せくださいませ。

【書道家 小筆凰外 プロフィール】

京都生まれ、京都在住
5歳? 京都の著名な書道家 安井吾心に師事
7歳? 書道家・現代美術家 田中心外に師事

墨心書芸 主宰
鞍馬寺教室・西賀茂教室・浄土寺教室
フランス・リヨン、プール=アルジャタル
フィンランド・ヘルシンキ

海外
1995 フランス・リヨンにて "京都の書"出品
1996   フランス・リヨンにて"日本美術展"出品
2002 チェコ・プラハにて"書道選抜展"出品
2006 中国 "日中書法交流展"出品
2011 フランス・リヨンにて"Calligraphe de Kyoto"出品
2012 フランス・ロワールにて"Conscience"個展
2013 ドイツ・コローニュにて"京都・ケルン姉妹都市提携50周年記念"出品

毎年 鞍馬寺花供養慶讃 墨心書芸展を主宰するほか
各種書道展出品、講演会、パフォーマンス、ロゴデザイン 等

国内
2010 京都 空鍵屋 "親子展"
2014 京都 法然院 "Ommage"個展
2014 桃山学院大学経営学科 非常勤講師
2015より ピンクリボン京都ポスターデザイン担当