April 16th, 2021 "GODZILLA VS KYOTO " has started!

TOHO CO., LTD and KYOTO CITY organize a big event "GODZAILLA VS KYOTO".


This event is called a "migratory event" which means that the people move freely in Kyoto city by accumulating special stamps of GODZILLA and enjoy special illumination, exhibition of original illustration by YUJI KAIDA and SHINJI NISHIKAWA in the Kyoto city KYOCERA Museum of Art(The April 23 - The May 23), and here our KYOTO HANDICRAFT CENTER(The May 25 - The June 25).


■POP UP STORE @KYOTO HANDICRAFT CENTER
Pop up store "GODZILLA VS KYOTO"(The 23 April - The 23 May) has started on the 16th April 2021!

Some of the items are already well displayed.

*Above items are sold only at the Pop up store and not sold at our Online store. 


■Why GODZILLA vs KYOTO now??
Godzilla, this iconic name is fascinating a lot of people in the world.

Today, the April 16th 2021, a big event "GODZILLA vs KYOTO " has started.
What impression do you have about "GODZILLA vs KYOTO"?
-Godzilla will destroy beautiful Kyoto city all??? How scared!
- I think it seems so unique! It will be interesting that we can see GODZILLA in Kyoto.

Some people think it is attractive and some people think that the combination of GODZILLA and KYOTO seems strange.

Especially for the people who love traditional taste of Kyoto culture, the arrival of GODZILLA should be shocking!

However, there is a story behind this event.

*Fateful movie in 1993
Kyoto Tower , one of the symbol of Kyoto was blown away by GODZILLA in the movie "GODZILLA vs MECHAGODZILLA".



This is a story about thirty years ago... but people of Kyoto do not forget it!


"Do not underestimate KYOTO"  Kyoto people smile.

As you know, Kyoto people seems gentle but get their revenge by "so clever way".


"Thirty years ago? it is not so long time ago!"

The history of Koyoto is so long over 1200years...


So, look at this!
Face to Face!!
GODZILLA and MAIKO SAN




GODZILLA looks a little bit gentle, he is going to give up to conflict.

This poster is by YUSUKE NAKAMURA , very popular illustrator in Japan.
I feel his "love " for GODZILLA and KYOTO.


GODZILLA vs KYOTO, who is winner? GODZILLA? or KYOTO?

It is you! who decide it!


■GODZILLA is a "spirit" of people
When the movie of GODZILLA was born at a first time, in 1954, GODZILLA was a lizard became huge under radioactive rays.
Some movie show that GODZILLA is one of the mutant dinosaur because of the nuclear testing, and the other movie mentions that
GODZILLA is revengeful ghost of all dead people at the World War Ⅱ.

The suspect of GODZILA is changeable depends on the situation of movie, but one common thing for above those, GODZILLA is a cluster of "bad spirit".
GODZILLA carries bad spirit of people on his back; all resentment, arrogance, sadness of people.


So, GODZILLA expresses his anger and destroy...

This scene shows "SHOMETSU RUTEN"; all things repeat to be born and be destroyed eternally.


So, when we talk about the history of Kyoto, Kyoto was always under the conflicts of people conflicts of Samurai.
This is why there are a lot of "bad sprits" in Kyoto, so people of Kyoto are accustomed to pray for the peace of these bad spirits
and to keep peaceful air for their safe life.


This time, this event GODZILLA VS KYOTO seems so symbolic.
People of Kyoto invite GODZILLA who endures the sadness, suffering of the people past away by the war,
it is for making him smile and happy with heartwarming spring event.


Our online store have already deal some items of GODZILLA and will increase more variation soon.

 

----------------------------------

■京都ハンディクラフトセンター ゴジラvs京都 POPアップショップ(4月16日~6月30日)OPEN
限定アイテムが多数ございます。

※こちらのアイテムは京都ハンディクラフトセンターPOP UPストアのみでの販売です。こちらのオンラインストアでは同製品は販売しておりませんのでご了承ください。


オンラインストアでもゴジラグッズ、お取り扱いございます。どうぞ!

 

■なぜ今「ゴジラVS京都」なのか?

ゴジラは京都を破壊するのか?しないのか?
ゴジラと京都の組み合わせって面白いよね?

「ゴジラVS京都」が魅力的な響きに聞こえる人にも、ちょっと疑問に感じる人にとっても、せっかくなのだからゴジラと京都が相まみえる楽しさを感じ取っていただきたいと思います。


楽しさのヒントはこのポスターにあり!

こちらのポスターは大人気イラストレーター、中村佑介氏によるもの。
この策がはゴジラ愛と京都愛にあふれているのがお分かりいただけると思います。

このゴジラvs京都では、東寺や京都タワーなどを含む6か所でのスタンプラリーの実施、京都にゆかりのあるイラストレーター、開田裕治氏、西川伸司氏による原画展が京都市美術館および、ココ京都ハンディクラフトセンターでも行われます。
また京都駅ビル大階段ではゴジラvs京都の特別イルミネーションの上映も。


■ゴジラと京都には因縁があった
1993年に放映された映画「ゴジラVSメカゴジラ」の中で、実はゴジラの熱戦により、京都のシンボルのひとつでもある京都タワーが吹き飛ばされているのです。


そんなこと言ったって、30年近くも前の出来事なのだから、もう時効でしょ?と思うそこのあなた。

京都人をナメたらあきまへん。
よくも悪くも「筋」を通したいのが京都人。
30年近く前のこととはいえ、なが~い歴史をもった京都から見れば「ついこの間のこと」。
「ゴジラはんにリベンジやわ」と真っ向勝負を仕掛けないのも京都らしさ。
ここははんなりと
「ゴジラはん、おいでやす」心温かくゴジラはんをお出迎えといきます。
ゴジラはんのイベントづくしで、思わずゴジラはんも笑みがこぼれてしまうのでは???

というわけで、ゴジラVS京都は、2021年春、京都はゴジラはんづくしのイベントを展開して、ゴジラはんの闘争心を和らげ、ともに笑って楽しみましょう、というイベントなのであります。


これでお分かりですよね?

GODZILLA vs KYOTOの展開は・・・京都の勝ちか?ゴジラはんの勝ちか??

その決着の結果は??

あなた次第。


■ゴジラは人々の「魂」そのもの

初代ゴジラは1954年に放射能の影響で生まれた巨大化したトカゲという設定でした。その後も水爆実験の影響による古代恐竜の突然変異であるという設定、また第二次世界大戦で亡くなられたすべての人々の怨念という
カタチで紹介されていたり。。。

ゴジラの正体は作品によって変えられているものの、共通して言えることはゴジラは人間の醜さ、残酷さ、悲しみを一身に背負った
「怨念」の塊であるということなのです。

ゴジラという「怨念」によってバトルが繰り広げられ、町が破壊され。。。。

そういったシーンを通してゴジラは人の世の生滅流転を表しているといえるのではないでしょうか?


さて、話を京都に戻しましょう。

京都は長い歴史の中で戦場になったことが多々ありました。さまざまな人の様々な欲と思惑に振り回された都であることには間違いありません。
そういうわけで京都の人々の間には、町には「怨念」が存在しているという認識があります。だからこそ、人々は今でも日々の生活の中での「供養」を大切にしているわけなのです。

今回のゴジラVS京都も浮かばれない悲しい「怨念」の供養になるかもしれませんね!

我らの京都ハンディクラフトセンターでも、心をこめて、祈りをこめてゴジラはんグッズを陳列してお待ちしております。

 

※イベントにご来店のお客様は必ずマスク着用にて、店舗入り口では検温と手指のアルコール消毒のご協力をお願いいたします。また、発熱など体調のすぐれない方はご来店をお控えいただきますよう、お願いいたします。

※こちらのオンラインストアは海外在住のお客様専用でございます。国内在住のお客様につきましては個別にお問い合わせくださいませ。

Event