Nanbu tekki Ver.2  History

Nanbu tekki Ver.2 History

Winter in Kyoto is so cold.
Now, we are in the severe winter season, but daffodils came into bloom at the small corner of our property.


Daffodis is also known as Narcissus which is the origin of word " narcissist".

We might have to be "Narcissist" like narcissus, esepcially in this severe winter season.

It is probably important to improve our self-esteem and be confident about ourselves.

In Japan, the word "narcissism" is often taken negatively, because "narcissism" has opposite meaning of modesty.
However, I think our daffodils are growing naturally in our property so humbly with "Japanese style".



Today, continuation from last blog, we will talk about "Nanbu tekki" which is one of the "modest" and beautiful ironware from Iwate Prefecture.


The best condition to develop the technique of cast metal in Iwate Prefecture!
Iwate prefecture is located in north west of Japanese main island which has abundant resource to manufacture the ironware;

a lot of iron sand, iron ore, and large river "Kitakami gawa".
The existence of river is indispensable when we talk about the industrial and cultural development.

People carried a lot of iron materials using their boat.
The Kitakami gawa is so important and useful for the development Nanbu tekki.


Two kinds of Nanbu tekki in Iwate prefecture!
There are two representative areas where Nanbu tekki has been manufactured since long time ago.
One is Morioka city , another one is Mizusawa city. Each of them is called as Morioka cast and Mizusawa cast.

 

-What is Morioka iron cast?
In 18th century, Nanbu Shigenobu, Third feudal lord invited a master of ironware and a lot of artisans from Kyoto to spread the culture of tea ceremony.
This is the begining of the development of the Nambu Ironware.
These artisants, especially the historically well-known artisan Koizumi Nizaemon mainly contributed to manufacturer utensils for the tea ceremony, and for the gifts, then its sophistication increased the value as highly artistic crafts.
This is the origin of authentic Nanbu tekki.


-What is Mizusawa iron cast?
Mizusawa city is located 65km south of Morioka city.

It is well known as the place where Oshu Fujiwara clan who owned Chusonji gold temple (actual world heritage) governed.
The Mizusawa iron cast has longer history than Morioka.
It was about 12th century. Oshu Fujiwara clan invited some excellent artisans to develop the technique to manufacturer the high quality ironware.

Mizusawa iron cast was developed as the daily commodities among the peoples, as not so sophisticated utensils.
On the other hand, artisans sometimes manufactured several glorious parts of the decoration of temples and shrines.
The development of Mizusawa iron cast contributed to abundant this place.


However, these excellent artisans ware dispersed after the downfall of Oshu Fujiwara clan.
They had difficulty to maintain their life only by their works of iron casting, so they started to farm at the same time.

What do we need for the life as a farmer?

Farmer need a hoe for weeding, a plow for preparing seedbed, sickle for cutting the grass etc...

These agricultural utensils are "iron ware".

Former excellent artisans inherited their technique through manufacturing a lot of agricultural utensiles.

After the World war Ⅱ, artisans who succeeded the excellent technique established their own association and cooperated with
Morioka iron casting association.
At that time, the Morioka iron casting and Mizusawa iron casting ware conbined and produced new name of their iron casting as "Nanbu tekki"

The name pf Nanbu tekki has two meaning.
One is from the name of Morioka feudal lord " Nanbu clan ", another meaning is from the location of Mizusawa area which is located in "Nanbu " of Morioka area. Nanbu means "southern area" in Japanese.

The series of Nanbu tekki we deal in this online store is the ironware from Mizusawa area.

 




The Nanbu tekki from Mizusawa has been alive since long time by suiting the life of people.
So, we are sure that it would be practical even for our modern life style.

These solid and strong Nanbu tekki has survived ups and downs history might stay gently and considerate of your life eternally.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


京の冬はご存じのとおり大変寒いです。
そんな寒さの中でもひっそりと力強く、京都ハンディクラフトセンター某所で自生する水仙たち。




水仙は英語では一般的にDaffodisと呼ばれることが多いようですが、学術名では Narcissus(ナルシサス)と呼ばれております。
Narcissus(ナルシサス)と聞くと、多くの方が「ナルシスト」という言葉を連想されるのではないでしょうか?


様々な意味合いからも厳しい寒さに耐えなくてはならないこの時期だからこそ、水仙の花たちのように凛と「ナルシスト」であることも
大切かもしれませんね。

日本では「ナルシスト」という言葉はいささか「周りが見えなくなって自己陶酔している」おめでたい人というイメージを持たれがち
ですが、筆者は水仙の花を前にしてそこまでのおめでたさを感じることはなく、むしろその対極の意味合いである「謙虚さ」を感じます。それはひょっとしたら水仙「Narucissus」が人間の言葉を発さず、精一杯寒さの中でその存在を知らしめようとしているからかもしれませんね(笑)。

さて、今回も前回に引き続き、謙虚で美しい岩手を代表する工芸品、南部鉄器について語ってまいりたいと思います。


岩手は南部鉄器が進化するのに最高の条件がそろっていた!
南部鉄器は岩手発祥の日本を代表する上質な工芸品のひとつであることは言うまでもありません。
しかし、なぜ南部鉄器は岩手で素晴らしい進化を遂げたのでしょうか。
それは岩手には鋳造に必要な砂鉄や鉄鉱石が豊富にあり、また、岩手県から宮城県にかけて
流れる北上川の存在も一役買っていたからなのです。

鋳型の製作には欠かせない材料である上質な砂や粘土も北上川で豊富に採取でき、また材料を
舟で運搬するにも大変便利だったわけです。

そういうわけで岩手では自ずと鋳造技術が進化発展したということなのですね。

南部鉄器は実は2種類あった!

実は岩手県に鉄器の大きな産地が2か所あります。ひとつは盛岡、もうひとつは水沢。
それぞれを「盛岡鋳物」「水沢鋳物」と呼んで区別しているのです。

「盛岡鋳物」とは?
盛岡の鋳物の起源は18世紀ごろとされています。
三代藩主の南部重信の時代に、茶道の興隆のため京都の釜師や職人が数多く重用されました。
彼らは盛岡のお抱え鋳物師としてその後の南部藩の茶の湯分かの発展に大きく寄与したとのことです。

そういった背景からも盛岡の鋳物は、茶道具や贈答品としてより洗練され、芸術性の高い工芸品として発展。
現在の南部鉄器の原形ともいえる「南部鉄瓶」が生まれたのもこの盛岡。
八代目藩主の南部利雄の時代に、当時のお抱え職人の一人であった小泉仁左衛門が
現在の南部鉄瓶の生みの親といわれております。
盛岡の鋳物技術の発展が南部鉄器の認知度と価値を上げたといっても過言ではありません。

「水沢鋳物」とは?
水沢は盛岡より約65㎞南に位置しており、世界遺産で有名な中尊寺金色堂を擁する奥州藤原氏が
治めていた場所でもあります。平安時代末期、12世紀ごろ、藤原氏が近江(滋賀)より鋳物職人を招聘し、
鋳造が盛んにおこなわれるようになりました。
盛岡鋳物より実は歴史が古いということになります。
水沢鋳物は工芸品色の強い盛岡鋳物と異なり、生活必需品である鍋や鎌が多く作られ、庶民の間で発展しました。
その一方で寺社仏閣の様々な部品を作ったりもしました。
鋳物の発展によりこの水沢の地はより豊かになっていきます。

しかし、その後、藤原氏が滅亡。鋳物職人たちは離散し、各々で半農半工生活をしながら地道に鋳物技術の継承に貢献していきます。その後は度重なる戦争、生活様式の変化の中で幾度となく衰退の危機に
直面しますが、水沢鋳物の職人たちの心は折れることはありませんでした。
1954年には”水沢鋳物工業協同組合”を発足、その後は盛岡水沢両地域の鋳物組合が手を取り合い、
「岩手県南部鉄器協働組合連合会」を設立しました。
その時に盛岡鋳物と水沢鋳物の両方を「南部鉄器」という現在の名称に統一。
南部という名称は、盛岡藩主の「南部藩」に由来しますが、同時に水沢という場所が岩手県の南部の位置して
いるという地理的要素も掛け合わせたことから生まれました。

当店が取り扱っております南部鉄器のシリーズは水沢由来の南部鉄器です。
時代の荒波を超えて人々にやさしく寄り添ってきた南部鉄器。

その重厚さとスタイリッシュさを兼ね備えた水沢の南部鉄器は現代の私たちのライフスタイルにもマッチすることでしょう。

#ironware #Iwate prefecture #Morioka #Mizusawa #iron casting #artisan #Nanbu tekki #Kettle #Japanese kettle # Japanese teapot #Iron craft #Tohoku #history of ironware #history of Nanbu tekki  #winter teapot #survive the winter #Tohoku region #artisan from Kyoto #Tea ceremony