Japanese tea "Asatsuyu Houjicha" 日本茶 朝露ほうじ茶

¥1,000 JPY
Loading reviews...

Japanese tea "Asatsuyu Houjicha" 日本茶 朝露ほうじ茶

¥1,000 JPY
Loading reviews...
  • Description
  • Gallery

Tea was first introduced to Japan from China in the early 8th century.
Ujicha started in the Kamakura period (1185-1336). The Japanese Buddhist priest Myoe from Kozan-ji in Toganoo encouraged people to cultivate Ujicha. In the Muromachi period (1336-1573), the Ashikaga shogunate spread the name of Ujicha around Japan.
Houjicha is made by roasting Sencha or Bancha over a high flame. It is bring out a pleasant aroma. The roasting process diminishes the tannin and caffeine. So Hojicha choice for baby in Japan.
How to brew Houjicha in Japanese teapot
① Place the leaves in Japanese teapot. Use 2 of a tablespoon (approx. 6g) per person.
② Pour hot water (approx. 100cc) per person into a Japanese teapot. It will be ready in 30 seconds.
③ Pour little by little between the teacup so that the color of the tea is evenly distributed, making sure you pour every last drop from Japanese teapot.
【Specification】
・Material/ loose leaves
・材質/ 茶葉
・Size/ 11.5×21.5×4cm

・Weight/ 120 g
・Made in Japan

お茶が中国から日本へ最初に伝えられたのは8世紀初めです。
宇治茶は鎌倉時代から始まりました。栂尾にある高山寺の仏教僧である明恵により、宇治茶の栽培がすすめられました。室町時代になると足利幕府により宇治茶の名が日本全国に広められました。
ほうじ茶は番茶や煎茶を強火で炒って、香ばしい匂いを引き出したお茶です。お茶を炒ることでタンニンやカフェインを少なくしています。 その為日本では赤ちゃんが飲むのに選ばれています。
急須で入れる美味しいほうじ茶
① 茶葉を急須にいれる。一人分約6 g (大さじ1.5杯)
② 急須にお湯をいれる。一人分約100 cc。約30秒待つ。
③ 濃さが均一になるように少しずつ注ぎ分け、最後の一滴まで絞りきる。