Furoshiki Wrapping Cloth "Makie Hagi Cotton Black" 風呂敷 蒔絵クロス 萩

filler

Price:
Sale price¥9,000 JPY

Description

"Furoshiki" are type of traditional Japanese wrapping cloth.
It is said that Furoshiki were already in use during the Nara Period (710-794) as important items. It is said that such a cloth began to called furoshiki after the Edo Period (1603-1868).
Later the common people began to use cloth to bundle things and to transport things. They can be used in various ways other than just wrapping cloth.
Nowadays Furoshiki played an important role in reduce the amount of plastic as a shopping bag.

【Specification】
・Material: Cotton
・Size: 118 x 118cm
・Weight: 1.5kg
・Made in Japan

風呂敷が最初に使われ始めたのは奈良時代と言われ、その頃は布自体が貴重だったため、大事な物を扱うときに使用されていました。
江戸時代になると風呂敷という言葉が定着し、一般に物を運んだりするのに使われるようになりました。
物を包むだけでなく、鞄やスカーフ、テーブルクロス等使用シーンは様々。
ビニール袋の有料化などもあり、エコで便利な風呂敷はあらためて注目されています。

日本の漆器蒔絵工芸を現代の染色技法で再現してあります。
桃山時代に荘厳な工芸品として脚光を浴び、元禄時代にかけて成熟されたと言われる日本の漆器蒔絵工芸を現代の技で忠実に再現しています。

You may also like

Recently viewed